So-net無料ブログ作成

寝覚めの床 [ドライブ旅行]

お値打ちに楽しめるホテルがある、との情報で、

“ 長野県北安曇郡小谷村 ”に出かけることになった。

40年前、正月は帰省せず、仲間と、この地方に毎年スキーに出かけていた。

「八方」 「岩岳」 「栂池」 「コルチナ」 スキー場
 
今では、初心者コースも滑ることは出来ない。


今回は、あてのないドライブ旅行・・・・この時期、この地方は観光の閑散期

急ぐ旅でもないので 中津川から19号線を北上。

途中、休憩を兼ねて “ 寝覚めの床 ” に立ち寄った。


寝覚めの床

長野県木曽郡上松町に所在の景勝地

方状節理やポットホール(甌穴 おうけつ)を見ることが出来る。


2_05_22_6.jpg




JR中央本線のガード下をくぐり抜け、数十段の階段を下りる

行きは良いが、帰りはつらい!!


1_05_22_001.jpg




これらの岩には名前が付けられている。

岩の上に立つことが出来る。・・・・・険しい道と岩をよじ登る。


3_05_22_9.jpg


エメラルドグリーンの水が綺麗だ!!


4_05_22_7.jpg


体力的に、岩の上に立つことは諦めた。

途中の滝で・・・・・。


5_05_22_17.jpg




6_05_22_41.jpg



7_05_22_57.jpg


寝覚めの床は「浦島太郎伝説」がある。

浦島太郎が竜宮城から帰ってきたとき。

今までの出来事が 「夢」であったように思われ

目が覚めたとき、岩が床のようであったので、 「寝覚めの床」 と呼ばれるようになったとか?




足あと♪(40)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 40

コメント 4

侘び助

一味もふた味も違う画像ですね。
寝覚ノ床は2~3度行ったかな・・・
今は観光バスか汽車なので行くチャンスは無いですね。
by 侘び助 (2016-05-26 19:34) 

sumy

「寝覚めの床」に再発見させていただきました。
今度通るときはガード下をくぐり抜けて、階段を下りてみようと思います。
行けるかどうか?自信はないが・・・。
by sumy (2016-05-31 11:46) 

masatany

>侘び助さん
寝覚めの床は車でないと行けませんね。ドライブインには立ち寄るが下まではなかなかいけませんね。

by masatany (2016-05-31 18:28) 

masatany

>sumyさん
御嶽の自然湖撮影の帰りに寄って見てください。駐車はドライブインなら無料です。隣に専用駐車場があるが500円です。誰も止めていません。
入園料も200円(お寺の境内を通るから)必要です。
sumyさんの体力なら岩の上に立つことが出来ますよ。エメラルドグリーンの水は綺麗でした。
by masatany (2016-05-31 18:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0