So-net無料ブログ作成
検索選択
お祭り ブログトップ

長篠の合戦 のぼりまつり [お祭り]

第52回 長篠合戦 のぼりまつり


開催日 : 平成29年 5月 5日 (土)
 
会場 : 長篠城跡ほか


<長篠の合戦>

戦国時代 1575年 6月 29日


三河国・長篠城をめぐり  織田信長(3万)・徳川家康(8千) 連合軍と 甲斐の 武田勝頼の軍勢(1万5千)が戦った。


長篠軍(500)は足軽・鳥居強右衛門の援軍要請使者の活躍があり


そして、援軍・織田信長連合軍は 鉄砲隊の活躍で勝利した。


1IMG_5759.JPG



・・・・・・・鳥居強右衛門(とりい すねえもん) ・・・・・・


三河長篠城主 奥平信昌の家臣、と言っても、足軽だった。

長篠城が武田軍に包囲されたとき、使となって城を抜け出し 岡崎城に赴き 家康・信長に救援を要請する。


帰途・・・・・


「援軍来る」の合図である「のろし」をあげた。


このため、武田軍に捕えられた。


武田軍に連行され、長篠城に向かって・・・「援軍は来ないから降参せよ」 と叫ぶように武田軍に命じられる。


しかし・・・・・


強右衛門は 偽って、大声で 「近く援軍が来る、もうしばらく辛抱せよ」 と叫けんだ!!


そのため、武田軍は激怒して・・・・「はりつけ」にした。(実際は逆さ吊り)


4IMG_5822.JPG


強右衛門の勇姿をたたえ、旗指物にして、後世に語り伝えた。

「はりつけ」 は逆さにはりつけられた と伝えられる。


3IMG_5827.jpg



5IMG_5769.JPG






2IMG_5789.JPG


6IMG_5799.JPG


7IMG_5802.JPG







・・・・・・・ 米澤藩古式砲術保存会  「火縄銃演武」 ・・・・・・


前前日の朝5時出発で駆けつけてくれた そうです(挨拶の中で・・・)


8IMG_5855.JPG





タイムスリップ?・・・・電車が・・・・


9IMG_5857.JPG





10IMG_6072.JPG



11IMG_6096.JPG


12IMG_6171.JPG




13IMG_6188.jpg



13IMG_6885.JPG



13IMG_6955.jpg



13IMG_7019.jpg



13IMG_7172.jpg







・・・・・・ 長篠・設楽原 鉄砲隊 「火縄銃演武」 ・・・・・


14IMG_6495.JPG



15IMG_6263.JPG



16IMG_6331.JPG





17IMG_6378.jpg




18IMG_6425.jpg







・・・・・ 三河 日置流 雪荷派 「具足弓演武」 ・・・・・


19IMG_6606.JPG





20IMG_675.jpg




21IMG_6764.jpg





23IMG_5762.JPG



・・・・・ 長篠陣太鼓 ・・・・・


24IMG_6822.jpg




25IMG_6860.jpg




26IMG_6873.jpg


最後までご覧いただき ありがとうございました。


尚、 「第49回 全国きりえコンクール」 masatany出品作品は皆様のおかげで、2作品ともに入選いたしました。


しかし、展示会場の都合で 1作品のみの展示となります。


・・・・・ 「第49回 全国きりえコンクール 秀作きりえ展」 ・・・・・


期間 : 2017年 5月 13日(土) ~ 16日(火)


時間: 12:00~18:00 (13日は13:00~  16日は16:00まで)


会場 : 千駄木空間 (東京都文京区千駄木2-49-8)

      
東京メトロ千代田線千駄木駅 1番出口 徒歩5分







天下の奇祭 “ 鳥羽の火祭り ” [お祭り]

日本の 10大 火祭り


「 鳥羽の火祭り 」


国指定の重要無形民俗文化財


約1,200年の歴史がある。


天空を焦がす熱狂の炎


今年も 2月12日 (日) 鳥羽神明社 (愛知県西尾市鳥羽町)で開催された。


0IMG_170213.jpg

西尾市観光協会 「鳥羽の火祭り」 パンフレットより


「すずみ」の燃え具合と「福地」「乾地」の勝敗で、その年の天候、豊凶を占う行事。

「福地」 「乾地」(地区名) が東西に分かれ、「すずみ」 を「ネコ」が揺らす。

詳細は masatanyの昨年 ブログを参照ください。

下記をクリック下さい。


2016年 鳥羽の火祭り


1IMG_9820.JPG


「火打ち石」の火を「すずみ」に点火


2IMG_9840.JPG



「ネコ」がハシゴを登り、「すずみ」を揺らす!!


3IMG_9902.JPG


遠く離れたところから撮影するが・・・・熱気がすごい!
 

もちろん、火災に備え消防隊が待機


4IMG_9930.JPG




6IMG_9979.JPG



7IMG_9905.JPG



8IMG_9922.JPG



9IMG_9923.JPG



10IMG_9997.JPG




11IMG_9932.JPG


12IMG_0209.JPG




13IMG_0027.JPG




14IMG_0126.JPG



15IMG_0143.JPG



16IMG_0225.JPG




頑張る「ネコ」の背中が燃える!!


17IMG_0145.JPG



18IMG_0174.JPG




19IMG_0283.JPG


この日も、各地から多くの「写真愛好家」が来ていた。すごい数

「三脚禁止」 「脚立禁止」・・・・「一脚は良いようだ」


mastanyの両隣は、「名古屋から」 「浜松から」 「岡崎から」・・・ 数時間前から場所取り。


お互いに、「仲良くなり、写真談義」 そして 交代で「トイレへ」

『ホワイトバランスは? 絞りは? 連写? ピントは?・・・・等』

この被写体は難しい・・・・「炎の明るさと、ネコの暗部」「明暗差をどうするか?」

三脚は使えない・・・・・。
 

「ストロボを使う?」





静岡から「バスツアー」で観覧の「お姉さん集団」が来た。


マナーを守り、我々の後ろに並んで、「お喋り」 ・・・・・今日はこれから、吉良温泉で泊り・・・♪


「オジサンたち何時から並んでいるの? へ~~信じられない!」


「カメラマンさんは大変だね~~。好きでないとやれないね・・・・♪」



「俺も辞めようと思っているんだよ~~。 どうせ苦労して撮っても、パソコンにしまっておくだけだから・・・(笑)」


火打石の火を すずみ に点火!!


「火焔に挑む 勇壮な ネコ(若者)が ずずみ を揺らす 」


来年は、軽いカメラで、 肉眼で楽しもう。









nice!(35)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

23年ぶりに〝おまんと祭り"復活 [お祭り]

豊田市 駒馬町 「こまんば公園」

江戸時代後期から 駒馬神明社祭礼で行われていた。


23年ぶりに 復活!!


「 鎌倉街道小浜(駒馬)の里まつり 」


円形状の馬場の中を馬が疾走する。


若者が馬に飛びつき、人馬一体となり、駆け抜ける勇壮な祭礼


馬の背には神様の"よりしろ” (神が宿るもの)となる飾りをつける。


" おまんと ” とは その 「馬の塔」 から " おまんと ” と派生したようだ。


" おまんと祭り ” は 愛知県 高浜市が全国的に知られている。


1IMG_3834.JPG


2IMG_3361.JPG




3IMG_3237.JPG



4IMG_3251.JPG




5IMG_3261.JPG


勇敢な女性(高校生ぐらいかな?) 果敢に馬に挑む!


6IMG_3574.JPG



7IMG_3079.JPG




8IMG_3445.JPG



9IMG_3392.JPG




10IMG_3872.JPG




11IMG_3859.JPG


12月11日 (日)  午前11時~ 開催された。


午後1時30分からも開催予定だが・・・・。


初めて見る " おまんと祭り ” 勇壮であるが・・・・・。


危険が伴う・・・・今回、怪我が無いことを祈った。


来年の開催時は、 「 流し撮り 」 で迫力を表現してみよう。









仲秋のあかり祭 [お祭り]

仲秋のあかり祭・・・・愛知県安城市 デンパーク


初めて、訪れた・・・・・・。


あかり祭は午後6時に灯が入る。


幻想的な あかり と 和太鼓の演技を楽しんだ。


1IMG_7475.jpg




2IMG_7488.JPG




3IMG_7632.JPG





4IMG_7532.JPG






5IMG_7569.JPG



6IMG_7589.JPG



7IMG_7575.JPG


8IMG_7282.jpg



8IMG_7562.JPG


9IMG_7683.JPG



10IMG_7756.JPG


11IMG_7335.JPG


12IMG_7373.JPG




13IMG_7631.JPG



タグ:デンパーク

豊田おいでんまつり・花火大会 [お祭り]

7月31日 (日) 豊田おいでんまつり・花火大会開催


出かける前、小雨


だが・・・・ チビ達を連れて観に行くこととなった。


昨日に続き、今日もチビ達のお守り役



1P7310395.jpg



2P7310407.JPG



3P7310411.JPG



4P7310412.JPG




5P7310584.JPG




6P7310663.JPG




7P7310720.JPG


13,000発の花火が打ち上げられた。


チビ達の夏休みは、まだまだ続く・・・・・(-_-;)




豊田おいでんまつり・踊り [お祭り]

第48回 豊田おいでんまつり・ファイナル・踊り

7月30日 開催



48回の内 おいでんまつり・踊り は今回で2度目・・・・・(^_^;)


親戚の子供(孫)たちにせがまれた・・・・。


暇な爺さんが子守役に認定された・・・・。




2016_07_30_2.jpg



2016_07_30_9.jpg




2016_07_30_11.jpg




2016_07_30_30.jpg




2016_07_30_48.jpg



2016_07_30_69.jpg



2016_07_30_82.jpg



2016_07_30_93.jpg


結局、子供達は・・・・・・。


踊りより、「屋台」に夢中・・・・。


明日は・・・・・ 花火大会


蒸し暑さと、人ごみの中・・・・・迷子にならないよう、子供たちを追いかけた (^_^;)


鳥羽の火祭り [お祭り]

身内に不幸がまいこんだためブログ更新が出来ませんでした。
いずれは訪れる不幸であるが・・・・・いざその時となると・・・・。

少し落ち着きを取り戻した・・・・・。
2月14日に行われた、天下の奇祭「鳥羽の火祭り」を撮影した写真をUPします。

・・・・・・・・ 天下の奇祭 鳥羽の火祭り ・・・・・・・・・
国指定 重要無形民俗文化財
毎年 愛知県西尾市の 「鳥羽新明神社」で旧暦の1月7日(現在は2月の第2日曜日)に執り行われる。
天下の奇祭として知られ、1,200年の歴史があると伝えられている。

「神木」を茅で包み、青竹60本で回りを囲み、藤つるで巻上げた「すずみ」を燃やす。
「すずみ」の根元には1年を表す「十二縄」が巻いてある。

鳥羽新明神社HPより引用

1すずみ.jpg


「神男」が燃え盛る「すずみ」の中に飛び込み、「神木」と「十二縄」を取り出すことを東西の地区で競う。
そして、その年の天候と豊作を占う。

「神男」は3日間神社にこもり、沐浴し身を清める。当日は海の中へ「みそぎ」に出かけ
裸で海に入り身を清める。
燃え盛る火の中に飛び込む神男は古いのぼりで作った衣装を身に着ける。(通称:ネコと言う)
ネコは水をかぶり、燃え盛る火の中に飛び込みが・・・、耐え切れず猫のように背中を丸くして飛び出して来るところから「ネコ」と言われているようだ。

2IMG_3847.JPG




3IMG_3883.jpg





4IMG_3904.jpg




4IMG_3921.jpg




5IMG_3941.jpg




6IMG_3946.jpg




7IMG_3951.jpg




8IMG_3962.jpg




9IMG_3968.jpg



10IMG_3973.jpg




11IMG_4048.jpg



12IMG_4211.jpg



13IMG_4291.jpg


天下の奇祭をカメラに収めようと各地から多くのカメラマンが来ていた。
「すずみ」の点火は午後8時、早めに状況を確認しようと、安易な気持ちで午後5時30分に現地到着。
すでに、駐車場は満車。撮影する場所もほとんどなし。
かろうじて、撮影できそうな場所に入れていただく。両隣はカメラマン、後ろにも・・・・・。
左隣は三重県伊賀上野市から車で来た4人仲間の一人。
前日の午後10時出発、現地へ午前6時到着(徹夜の走行)、そして、午前6時から場所取り。
右隣はご夫婦で名古屋から来た女性。到着は午後5時から。ご主人は別の場所らしい。

伊賀からの男性カメラマンから 「風向きにより火の粉をかぶる恐れがあるよ」 「防寒服が焦げるよ」
「水をかぶるかもしれないよ」との忠告を受け、服を裏返しに着ることにした。

午後8時まで、身動きが取れない状態、足元も傾斜地・・・・・。
場所を移動することも出来ない!
もちろん、「三脚使用禁止」 「脚立使用禁止」

火災に備えて待機した消防署の職員に緊張が走る・・・・・・。
「すずみ」に火がついた!! 熱気が襲った! 「すずみ」の燃え盛る音が響きわたる!
 「行け~~」 「ひるむな~~」 「行け~~」 ・・・・・!!
ネコの衣装が燃える・・・! 

幸い風向きが違ったので我々への火の粉は助かった。
その迫力と緊張感に圧倒された!!
カメラも熱くなっていた・・・・・。

終了後、人込みに押し流されて帰路についた。





お祭り ブログトップ