So-net無料ブログ作成
コハクチョウ ブログトップ

安曇野のコハクチョウ [コハクチョウ]

2年連続でコハクチョウの流し撮り(スローシャッター)に挑戦


コハクチョウが舞う姿を観ていると、楽しくなる。


安曇野のコハクチョウ飛来数もここ数年少なくなっているようだ。


一説には・・・暖冬により、北の方の降雪量が少なくなり、田んぼ等に餌があるため、南に降りてくる必要がなくなった。とか・・・?


0IMG_0698.JPG



1IMG_1200.JPG



2IMG_1466.JPG



3IMG_1473.JPG



4IMG_1434.JPG



5IMG_0679.jpg


6IMG_1935.JPG



7P2080690.JPG



8IMG_1056.JPG


9IMG_0637.jpg


10IMG_1281.JPG



11IMG_1125.jpg


写真は全て、昨年撮影です。


今年の飛来数はどうだろうか・・・・・?





スローシャッター [コハクチョウ]

写真の表現方法の一つに、「シャッタースピードによる」 表現方法がある。


・ スローシャッター ・・・ 主な被写体は 滝 撮影

・ 高速シャッター  ・・・ 主な被写体は 水しぶき 撮影


この二つを使い分けるだけで、被写体の表現は全く別のものになる。


特に、スローシャッターは 面白い。

風景写真にもスローシャッターは・・・風の表現が出来る。 星の動きも・・・。イルミネーションも・・・。


今回は 「安曇野のコハクチョウ」 に挑戦。(昨年2月撮影)


コハクチョウをスローシャッター(流し撮り)で・・・・。


題して・・・・・ 『 天使の舞 』 



1IMG_299.jpg



2IMG_3029.jpg



3IMG_2543.jpg



4IMG_3030.jpg



5IMG_3148.jpg



6IMG_0873.jpg




7IMG_3743.jpg



8IMG_0648.jpg



8IMG_1176.jpg



9IMG_0886.jpg



カメラは全て手持ち。


スローシャッターになるように、ISO感度・絞り 時にはNDフィルター等を設定。


シャター速度は 数枚撮って調整。


飛ぶ鳥は電車のように水平移動ではない。 上下移動もある。


鳥の目に焦点を合わせ。 体をターンさせる。


目にピントが来てなければ・・・・失敗作。(ほとんどが失敗作となる)


コハクチョウが飛び立たなければ意味が無い。


長時間の撮影になる。


重い超望遠ズームレンズを手持ちで振り回すと 手がしびれる。


同じ目的の仲間と 写真談義、 おかげで・・・何とか作品が撮れた。


翌日は・・・・筋肉痛!!









安曇野のコハクチョウ [コハクチョウ]

今年の安曇野コハクチョウ飛来数は例年に比べ、少ないようだ?
事前情報によると、安曇野全体で500羽弱(2月初旬)

犀川白鳥湖と御宝田遊水池の2か所を訪れた。
残念ながら、御宝田には数羽しかいない。
犀川白鳥湖に 午前午後の2度訪れた。

多くのカメラマンとバスツアーの観光客が訪れていた。

犀川のコハクチョウ数は 100羽前後だろうか?

流し撮りの合間に、コハクチョウの美しい姿をカメラに収めた。

以下、写真の羅列です。

1IMG_1200.JPG


2IMG_1275.JPG


3IMG_1053.JPG



4IMG_1225.JPG



5IMG_1603.JPG


6IMG_1877.JPG



7IMG_2113.JPG



8IMG_2056.JPG


10IMG_1477.JPG



11IMG_1901.JPG



14IMG_1968.JPG



16IMG_1607.JPG




17IMG_062300.jpg




18IMG_1597.JPG


コハクチョウの流し撮り [コハクチョウ]

昨年 “ 流し撮り (スローシャッター) ” に興味を持った。
安曇野・白鳥の会?の方から、フォトコングランプリの写真を見せていただいた。
青空に、白鳥が羽ばたいているところを、スローシャッターで撮った素晴らしい写真。
「 masatanyも撮ってみたい・・・・・。」

電車・車の流し撮りから練習した。
車・電車は進行方向が予測できる。
今回、挑戦したのは・・・・・コハクチョウ
前進は当然だが、上昇・下降 そして 旋回が加わる。・・・・これが難しい!!

長野県安曇野市のコハクチョウ撮影に出かけた。
2日間の撮影を予定した・・・・・。
しかし、コハクチョウが飛んでくれなければ、流し撮りは出来ない。
コハクチョウの習性も知らない。コハクチョウが飛ぶ時間を地元の方に聞く・・・・。
しかし、的確な時間は分からないとのこと。

実際に、どうやらコハクチョウも同じ行動を毎日とらないようだ。・・・・危険を回避しているのか?
一日目は左側に飛ぶ鳥が多かった。2日目は全てが右側に飛んだ・・・・?
飛び立つ時間も少し異なる。そして、左旋回もあれば、右旋回もある。


1IMG_1032.JPG


2IMG_1028.JPG


3IMG_2294.JPG




4IMG_2295.JPG




5IMG_3523-00.jpg





6IMG_3530.JPG



流し撮りにしても・・・・ピントは鳥の目にきてないと・・・・・・。
1日目は全くコハクチョウのスピードに合わせられない・・・・(-_-;)
2日目、何度もトライすると・・・・・。(何羽もコハクチョウが飛んでくれた)


次の写真あたりから少し目が見えるようになったがまだ不十分・・・・・・・。


7IMG_1085.JPG




8IMG_1092.JPG




9IMG_2243.JPG




10IMG_3489.JPG



11IMG_0820.jpg



12IMG_3481.JPG



13IMG_3371.JPG




14IMG_3567.JPG



15IMG_3696-00.jpg



この流し撮り撮影での撮影総枚数は2,000枚を超えた・・・!!
カメラ2台の設定を変え、試行錯誤を繰り返した。
コハクチョウの羽の美しさを写すには・・・・シャッタースピードがカギを握るようだ。

早朝は、コハクチョウが飛び立つ確率が高いらしい、と聞いた。
ホテルの方に「早朝、写真を撮りに出かけられますか?」 と問われたが。
早朝は苦手なので・・・・・。
このおかげで・・・・・「 車のフロントガラスに咲く 氷の結晶 」 が撮れた・・・・♪

昼間撮影となると・・・・「スローシャッター」 をどうしようか?

「 安心してください !」、「 NDフィルターを持っていますよ!」

今回、
流し撮りの難しさを思い知らされた。
使い物になる写真は数枚しか残らない・・・・・・(-_-;)

しかし、スローシャッターの面白さは十分味わえた・・・・・・♪

本日もご訪問ありがとうございました。

コハクチョウ ブログトップ