So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥羽の火祭り [お祭り]

身内に不幸がまいこんだためブログ更新が出来ませんでした。
いずれは訪れる不幸であるが・・・・・いざその時となると・・・・。

少し落ち着きを取り戻した・・・・・。
2月14日に行われた、天下の奇祭「鳥羽の火祭り」を撮影した写真をUPします。

・・・・・・・・ 天下の奇祭 鳥羽の火祭り ・・・・・・・・・
国指定 重要無形民俗文化財
毎年 愛知県西尾市の 「鳥羽新明神社」で旧暦の1月7日(現在は2月の第2日曜日)に執り行われる。
天下の奇祭として知られ、1,200年の歴史があると伝えられている。

「神木」を茅で包み、青竹60本で回りを囲み、藤つるで巻上げた「すずみ」を燃やす。
「すずみ」の根元には1年を表す「十二縄」が巻いてある。

鳥羽新明神社HPより引用

1すずみ.jpg


「神男」が燃え盛る「すずみ」の中に飛び込み、「神木」と「十二縄」を取り出すことを東西の地区で競う。
そして、その年の天候と豊作を占う。

「神男」は3日間神社にこもり、沐浴し身を清める。当日は海の中へ「みそぎ」に出かけ
裸で海に入り身を清める。
燃え盛る火の中に飛び込む神男は古いのぼりで作った衣装を身に着ける。(通称:ネコと言う)
ネコは水をかぶり、燃え盛る火の中に飛び込みが・・・、耐え切れず猫のように背中を丸くして飛び出して来るところから「ネコ」と言われているようだ。

2IMG_3847.JPG




3IMG_3883.jpg





4IMG_3904.jpg




4IMG_3921.jpg




5IMG_3941.jpg




6IMG_3946.jpg




7IMG_3951.jpg




8IMG_3962.jpg




9IMG_3968.jpg



10IMG_3973.jpg




11IMG_4048.jpg



12IMG_4211.jpg



13IMG_4291.jpg


天下の奇祭をカメラに収めようと各地から多くのカメラマンが来ていた。
「すずみ」の点火は午後8時、早めに状況を確認しようと、安易な気持ちで午後5時30分に現地到着。
すでに、駐車場は満車。撮影する場所もほとんどなし。
かろうじて、撮影できそうな場所に入れていただく。両隣はカメラマン、後ろにも・・・・・。
左隣は三重県伊賀上野市から車で来た4人仲間の一人。
前日の午後10時出発、現地へ午前6時到着(徹夜の走行)、そして、午前6時から場所取り。
右隣はご夫婦で名古屋から来た女性。到着は午後5時から。ご主人は別の場所らしい。

伊賀からの男性カメラマンから 「風向きにより火の粉をかぶる恐れがあるよ」 「防寒服が焦げるよ」
「水をかぶるかもしれないよ」との忠告を受け、服を裏返しに着ることにした。

午後8時まで、身動きが取れない状態、足元も傾斜地・・・・・。
場所を移動することも出来ない!
もちろん、「三脚使用禁止」 「脚立使用禁止」

火災に備えて待機した消防署の職員に緊張が走る・・・・・・。
「すずみ」に火がついた!! 熱気が襲った! 「すずみ」の燃え盛る音が響きわたる!
 「行け~~」 「ひるむな~~」 「行け~~」 ・・・・・!!
ネコの衣装が燃える・・・! 

幸い風向きが違ったので我々への火の粉は助かった。
その迫力と緊張感に圧倒された!!
カメラも熱くなっていた・・・・・。

終了後、人込みに押し流されて帰路についた。





絶景の安曇野 [安曇野]

この日、朝から雲一つない快晴・・・・♪
この時期、快晴になることは珍しいとのこと。
冬の安曇野の景色を楽しむこととした。

街全体は雪に覆われているが、
主要道路は除雪が行き届いて、走りやすい。途中道路沿いに車を停め、景色を撮る。

1IMG_2369.JPG



雲一つない空に、穂高連邦が輝いている。

2IMG_2378.JPG


安曇野スイス村付近から・・・・常念岳が綺麗だ!!

3IMG_2382.JPG



4IMG_0698.JPG



5MG_2433.JPG



少し、雲がでてくるが・・・・碧い空には何の影響もない。

6IMG_1934.JPG



池のカモも動き出した・・・・。

7IMG_1628.JPG




8IMG_1947.JPG




大王わさび農園の近くには、サギの仲間?が巣を作っていた。

9IMG_0570-00.JPG



大王わさび農園の水車から 常念岳をのぞむ。

10IMG_0578.JPG



いつもの、 道祖神


11IMG_0613.JPG


犀川の池には、カモもコハクチョウもいない。
例年、この場所で餌を与えていたそうだが、今年は取りやめとのことで、カモも集まっていないのだろうか?

12IMG_2428.JPG



13IMG_2448.JPG


翌日の早朝も流し撮りに出かける計画を立てたが・・・・。
なんとか、使えそうな流し撮り写真が撮れたため、翌日撮影は取りやめ、のんびりすることとした。

翌朝、朝風呂を楽しみ、のんびりと・・・・。
朝日は顔を出したが・・・細かい雪が舞っている。

のんびりと帰路につくが・・・・・。
高速道路途中から本格的な雪となる。
道路情報では・・・・園原~中津川まで 「チエーン規制」

土岐ジャンクションで・・・・目の前の車がスピン!!
幸い、けが人はいないが、車は大破!!
当方も、車間距離があったため、事故に巻き込まれずに助かった。
後続車で瞬く間に渋滞。
人身事故ではなかったので・・・・。幸いだった。



安曇野のコハクチョウ [コハクチョウ]

今年の安曇野コハクチョウ飛来数は例年に比べ、少ないようだ?
事前情報によると、安曇野全体で500羽弱(2月初旬)

犀川白鳥湖と御宝田遊水池の2か所を訪れた。
残念ながら、御宝田には数羽しかいない。
犀川白鳥湖に 午前午後の2度訪れた。

多くのカメラマンとバスツアー観光客が訪れていた。

犀川のコハクチョウ数は 100羽前後だろうか?

流し撮りの合間に、コハクチョウの美しい姿をカメラに収めた。

以下、写真の羅列です。

1IMG_1200.JPG


2IMG_1275.JPG


3IMG_1053.JPG



4IMG_1225.JPG



5IMG_1603.JPG


6IMG_1877.JPG



7IMG_2113.JPG



8IMG_2056.JPG


10IMG_1477.JPG



11IMG_1901.JPG



14IMG_1968.JPG



16IMG_1607.JPG




17IMG_062300.jpg




18IMG_1597.JPG


コハクチョウの流し撮り [コハクチョウ]

昨年 “ 流し撮り (スローシャッター) ” に興味を持った。
安曇野・白鳥の会?の方から、フォトコングランプリの写真を見せていただいた。
青空に、白鳥が羽ばたいているところを、スローシャッターで撮った素晴らしい写真。
「 masatanyも撮ってみたい・・・・・。」

電車・車の流し撮りから練習した。
車・電車は進行方向が予測できる。
今回、挑戦したのは・・・・・コハクチョウ
前進は当然だが、上昇・下降 そして 旋回が加わる。・・・・これが難しい!!

長野県安曇野市のコハクチョウ撮影に出かけた。
2日間の撮影を予定した・・・・・。
しかし、コハクチョウが飛んでくれなければ、流し撮りは出来ない。
コハクチョウの習性も知らない。コハクチョウが飛ぶ時間を地元の方に聞く・・・・。
しかし、的確な時間は分からないとのこと。

実際に、どうやらコハクチョウも同じ行動を毎日とらないようだ。・・・・危険を回避しているのか?
一日目は左側に飛ぶ鳥が多かった。2日目は全てが右側に飛んだ・・・・?
飛び立つ時間も少し異なる。そして、左旋回もあれば、右旋回もある。


1IMG_1032.JPG


2IMG_1028.JPG


3IMG_2294.JPG




4IMG_2295.JPG




5IMG_3523-00.jpg





6IMG_3530.JPG



流し撮りにしても・・・・ピントは鳥の目にきてないと・・・・・・。
1日目は全くコハクチョウのスピードに合わせられない・・・・(-_-;)
2日目、何度もトライすると・・・・・。(何羽もコハクチョウが飛んでくれた)


次の写真あたりから少し目が見えるようになったがまだ不十分・・・・・・・。


7IMG_1085.JPG




8IMG_1092.JPG




9IMG_2243.JPG




10IMG_3489.JPG



11IMG_0820.jpg



12IMG_3481.JPG



13IMG_3371.JPG




14IMG_3567.JPG



15IMG_3696-00.jpg



この流し撮り撮影での撮影総枚数は2,000枚を超えた・・・!!
カメラ2台の設定を変え、試行錯誤を繰り返した。
コハクチョウの羽の美しさを写すには・・・・シャッタースピードがカギを握るようだ。

早朝は、コハクチョウが飛び立つ確率が高いらしい、と聞いた。
ホテルの方に「早朝、写真を撮りに出かけられますか?」 と問われたが。
早朝は苦手なので・・・・・。
このおかげで・・・・・「 車のフロントガラスに咲く 氷の結晶 」 が撮れた・・・・♪

昼間撮影となると・・・・「スローシャッター」 をどうしようか?

「 安心してください !」、「 NDフィルターを持っていますよ!」

今回、
流し撮りの難しさを思い知らされた。
使い物になる写真は数枚しか残らない・・・・・・(-_-;)

しかし、スローシャッターの面白さは十分味わえた・・・・・・♪

本日もご訪問ありがとうございました。

車のフロントガラスに咲く氷の結晶 [氷アート]

2月7日(日) 長野県安曇野市へ出かけた。2泊3日の予定。
目的は・・・コハクチョウの流し撮り

一週間前から天気予報とにらめっこをして、7日に決定。
雪が降らないと予測される日 尚且つ、市民の家に空室がある日を選んだ。

翌朝2月8日(月) 朝から快晴・・・・・ そして、すごく冷え込んだ!
コハクチョウを撮りに出かけようと駐車場まで来ると・・・・。
車のフロントガラス全面に 「 氷の結晶 」
周りを見ると・・・フロントガラスに氷の結晶が咲いているのはこの車だけ。 


室内からフロントガラスを撮った・・・・。

1IMG_2353.JPG



2IMG_2340.JPG




結晶の模様は同じではなく、温度と湿度で変化するのだろうか?

3IMG_2342.jpg





外側から撮影してみた。 色温度を少し変えて撮影。

4IMG_2345.jpg




5IMG_2354.JPG




隣に駐車してあった車のテールランプにも 氷の結晶が・・・・。

6IMG_2362.jpg


偏光板を持っていたら・・・・ 虹色が出せたかもわからない?
予測できなかった・・・・。

あまりにも綺麗だったので、コハクチョウの撮影出発を遅らせた。
車の暖気運転を試みると。
氷の花は優しく消えてしまった。


緑化センタへカワセミ詣で [カワセミ詣で]

カワセミ詣でも、もう、数日通った。
通う場所は 水無瀬川緑道と愛知県緑化センター
午前・午後と時間を変えて出かけるが・・・・。
今のところ、午後は確実にカワセミに会える。

今日は・・・緑化センター 山田川へ。
到着後、すぐ見つけることがあるため、駐車場で カメラセットを完璧に確認。
今日は、 一脚持参。三脚はフットワークが悪くなる。

嬉しいことに、2度カワセミが飛び込むところを撮れた・・・・・♪

1-anigif010kawa.gif



何度も通うと・・・・ カワセミがとまるところが分かってくる。
枝にとまり・・・・下を狙っている。
飛び込む位置を想定し、フォーカスをMFとする。

そして、飛び込んだ
手前の葦が邪魔だった~~~~(-_-;)

2-anigif020kawa.gif



3-IMG-047.JPG



5-IMG-050.JPG




6-IMG-081.JPG



7-IMG-090.JPG


飛び込むのをしばらく待つが・・・・・。
カワセミと勝負・・・と思って構えているが・・・・。
こちらの負けで、よそ見をしたすきに、カワセミは飛び込む・・・・(-_-;)

諦めて・・・・他の鳥さんを。

8-IMG-016.JPG



10-IMG-054.JPG



11-IMG-014.JPG



そして、・・・・・・
今日は 嬉しい事が重なった・・・・・(笑)
ルリビタキ?だと思うが(野鳥撮影初心者なので、正確な名前が分からない。
カワセミにも劣らない、ブルーが綺麗だ・・・・♪

12-IMG-035.JPG



嬉しい、今日一番の写真!!

4-IMG-055.JPG





本日もご訪問ありがとうございました。






運動公園のカワセミ [カワセミ詣で]

自宅から運動公園までウォーキング

往復で、約 10,000歩

運動不足解消にはちょうど良い距離

おまけに、カワセミも楽しめる

いつもの池に、今日もカワセミを見つける。



岩の影に隠れていました~~。

1P1010203.JPG



場所を移して・・・・飛び込むのを待った。


2P1010216.JPG


残念ながら、飛び込まずに飛び去った。


3P1010220.jpg




4P1010222.JPG




しばらくすると・・・・再び同じ場所に来ました。


5P1010255.JPG




帰りの途中、布袋池の鳥が驚いて飛び立った。

対岸に、野鳥観察のオジサンがいました。

カメラで狙っていたので、飛び立つ瞬間をうまく捉えることが出来た。


6P1010308.JPG




水無瀬川の緑道から、逆さカワセミをGETしました。


ポーズをとっているかのように、後姿も撮らせてくれました。


7P1010357.JPG



8P1010359.JPG



9P1010362.JPG


カワセミ詣でも 今日で数日

運が良いのか、一度も空振りが無い。


本日もご訪問ありがとうございました。