So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

ローテンブルグ [ヨーロッパ周遊記]

おとぎ話に出てくるような 街

レンガ色のおもちゃ箱のような 街


ドイツ・ロマンチック街道の終点から約35Kmほど南下すると・・・・

中世の趣で 城壁に囲まれた 街
 

 ・・・・・・ ローテンブルグ  ・・・・・

プレーンライン・・・・ローテンブルグで最も人気の場所

多くの 旅行パンフレットに掲載される。


人気の秘密は? この場所に立って見た、 masatanyには わからない?

ともかく、最もローテンブルグらしい場所らしい。


切り絵には 好材料の風景になりそう?


2P6101478.JPG


大型デラックスバス(3列シート)?でローテンブルグに到着


本日の 宿泊ホテルは このプレーンラインの近く


旧市街だけに、道路が狭い、ホテルの前の道路に大型バスが駐車するとは、考えられない。

素晴らしい運転技術!! そして、協力的な街


今では、ドイツ有数の観光地だけに、やむを得ない事なのだろう。


荷物・乗客を降ろすと、バスはどこかに消えた。

今回のバス運転手は、自分のバスで営業しているようだ

初めに言われた 「 新車だから 綺麗に使ってね 」 ・・・・陽気な人 だった。


旅行中、 安心して バスの旅を楽しめた。


1IMG_2181.JPG

到着後、夕食を兼ねて 街を散策

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌朝、 観光客が少ない時間帯


街の雰囲気を楽しむ。


犬も散歩


0P6101473.JPG


0P6101482.JPG


3IMG_2049.JPG


たまに、我々の写真愛好家の写真展で見かける、風景を見つけた


屋根に・・・・・ 目があるようだ!!



4IMG_2052.JPG


なんとか、写真作品にならないか、 工夫してみた・・・・?


・・・・・・・・・・・・ 結果:作品にするには、難しい ・・・・・・・・・・

「 珍しい場所・現象・岩・滝(ネイチュアー)等 」 を撮影した作品展をみかけるが・・・・・・

何らかの工夫をして、その被写体を 表現すれば 作品になるだろう。


この場合・・・・「 ただ、 撮っただけ・撮らされただけ の写真」 となった。


・・・・・・観光・宣伝・説明・標本 ・記念写真 
 
撮影者の 「 何らかの工夫 ・ 意図 」 が表現できれば、 masatanyは 作品と考えている。


しかし、「 ブログ 」写真としては 面白い。


5IMG_2142.JPG



6IMG_2188.JPG

朝の散歩・・・・ 窓から ネコが 眺めている。


7IMG_2189.JPG

マルクト広場に 人が集まり始めた。



8IMG_2066.JPG



マルクト広場にある・・・市庁舎


9IMG_2072.JPG


同じく、マルクト広場の 市議宴会館・・・・ カラクリ時計がある。




10IMG_2074.JPG





11P6101545.JPG

カラクリ時計は 毎正時になると 「 窓が開き 市長と将軍が 顔をだし ワインを飲み干す 」


これが・・・・あっけなく終わるため、まったく愛想なし。


12P6101549.JPG




13IMG_2087.JPG


マルクト広場 での 「果物の生絞り ジュース」 朝の散歩にはお勧め。

のんびりしていた、おじさんも、 日本の団体客に満足げだった。


13P6101532.JPG


14IMG_2108.JPG


年中 クリスマス の おもちゃ を 売っている雑貨屋 さん


15P6101543.JPG


ローテンブルグに残る中世のスイーツ 「 ワルター・フリーデル」

市庁舎近くの パン屋さんにありますよ!


16IMG_2126.JPG



17IMG_2127.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・ 天使 の お尻 ・・・・・・・・・・・・


18IMG_2131.JPG


ブルク 門

19IMG_2180.JPG


聖ヤコブ教会

20IMG_2208.JPG


*******************************************

みよし市 文化協会 写真部 活動


先日 「 ケーブル テレビ 」 の取材を受けました。


( 愛知県 長久手・みよし・豊田 地区 の方)


時間に余裕がある方、 みよし写真部に興味がある方、 見ていただければ 幸いです。


(みよし写真部 講師 2名  社団法人 「 二科会 」 )


現在、 18名 で活動 


活動写真クラブ.jpg



例会では 、 毎月2枚の写真(四つ切)を提出。提出写真全てに対し、講師は 評価と良い点・悪い点・改善点を教えてくれる。

ただし、 提出写真は 「本人がどのような 意図で撮ったか?」 を説明する。

故に、 「撮っただけの写真」 「撮らされただけの写真」 は提出 出来ない。




nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ノイシュヴァンシュタイン城 [ヨーロッパ周遊記]

白亜の古城・白鳥城とも呼ばれる・ノイシュヴァンシュタイン城


ドイツバイエルン地方の岩山に建つ


ルートヴィッヒ2世 が建てた。


5P6091262.JPG



誰もが 一度は 行きたい お城

ノイ=New (新しい) シュヴァン= Swan (白鳥) シュタインStone(石)

・・・・・・・ 「 新 白鳥 城 」となる。


なぜ 新 白鳥なのか?


それは、バス駐車場の近くに 


ルートヴィヒ 2世が 17年間過ごした お城がある。・・・・父のお城

ホーヘンシュヴァンガウ城



6P6091252.JPG

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌日のお城観光を期待して・・・・・・ お城近くの シュヴァンガウ に泊まる

・・・・・・ 翌朝 ・・・・・・


ホテルから・・・・・朝日に輝く 白鳥城が見える。


1P6091273.jpg



2P6091280.jpg



3P6091286.jpg


快晴!!・・・・・ 空には

7P6091260.JPG


ホテルからバス駐車場まで 数分で到着


ノイシュヴァンシュタイン城まで行くには・・・・・。


3通りの手段がある。

1・徒歩  2・ シャトルバス 3・ 馬車


徒歩では、30分程度の登り坂、 馬車は 早朝運行は無し


シャトルバスの 始発を決めた。


シャトルバスは、徒歩、馬車とは別ルートを走る。


20数分後? 「 マリエン橋 」近くで下車 ・・・・・ マリエン橋 はお城が最も綺麗に見える場所!!


ノイシュヴァンシュタイン城の 〝内部は撮影禁止” だ~~~。



マリエン橋からの お城 全景 


霧の中のお城・・・・・こんな幻想的な姿はほとんど見ることは出来ません


晴れていただけで ありがたい!!


9P6091294.JPG


マリエン橋 です。・・・・ 下は断崖です。 高所恐怖症にはキツイ場所


でも、勇気を出すしかありません。


8P6091300.JPG


マリエン橋から、お城と反対側を見ると・・・・・ 谷底に綺麗な滝が見えます。


10P6091293.jpg


11P6091304.JPG


標識に従い、お城入口まで 少し歩きます。


途中、眼下に登ってきたシャトルバス乗場・ホーエンシュヴァンガウ城が見えます。


12P6091305.JPG



13P6091306.JPG

・・・・・・・・・・・・・ 湖が綺麗です。 ・・・・・・・・


14P6091310.JPG

いよいよ、ノイシュバンシュタイン城が見えてきました。


お城の裏側のようです。


この間、ゆるい下り坂なので、楽しく歩くことができます。


15P6091319.JPG


16P6091321.JPG






お城入場は、予約が必要です。


時間規制で、混雑を緩和しているようです。


我々は・・・・416-9:20 入場予定です。


前後に、C国・ K国の団体がいないことを祈る。


何故か?・・・・ 入場規制を行っていることは、場所が狭いからだろう。・・・そこにC・Kが居たらやかましい。


もちろん、入場にはパンフもない。日本語のイヤホンガイドが頼りなのだ。


入口で 「Japanes」 と言えば 日本語ガイドを渡してくれる。

言わなくても、グループの顔をみて、日本語を渡してくれる。・・・予約時に分かっている。





17P6091330.JPG


入場後は、ひたすら イヤホンガイドに従って歩く。


もちろん、写真撮影は禁止・・・・・結果、 何も記憶に残っていない。



18P6091331.JPG

記憶に残るのは・・・・・・。


この高いお城・・・・・キツイ螺旋階段を上り下りしただけ?


衰えた記憶力で・・・・・・・思い出してみる。

内部の装飾は 「 品の良い、ブルー 」 が基調となっている。


部屋は薄暗く感じた。


ブルー色は ルートヴィッヒ2世 のお好みの色。・・・・「 バイエルン・ブルー 」と呼ばれている。


彼は、生涯独身・政務には全く関心なし、現実逃避し・・・享年40歳で 謎の死を遂げているとか。


極度の人間嫌い」で、孤独を好み、数人の侍従以外は人を寄せ付けなかった。


行動は夜中が主であったとか?・・・・侍従は大変苦労した?

身長は 190cm以上 はあったとか?


そして、精神的な病にかかていたようだ?



19P6091338.JPG



お城の外で・・・・休憩をしていると。


「彩雲」が出た!!



20P6091347.JPG

お城の正面は工事中・・・・・。


21P6091359.JPG



22P6091361.JPG


お城からの帰り道の方法は 2通り


1・徒歩  2・ 馬車 ・・・・・・馬車は満員になれば、出発する方式。


時間制限のあるグループは歩くしかない。・・・・・馬糞を見ながら、約30分下り坂。



23P6091373.JPG



24P6091374.JPG




25P6091376.JPG


26P6091377.JPG


歩くこと、約 30分 ようやく バス乗り場に。

丁度、昼食 時期、 近くのレストランで・・・・・。



nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

世界一豊かな国・リヒテンシュタイン [ヨーロッパ周遊記]

世界で今、「最も豊かな国」 と言われている・・・・リヒテンシュタイン公国


人口 : 約 35,00人 (純粋なリヒテンシュタイン国籍人は3分の1 ) 
 

面積 : 南北 25Km 東西 6 Km 日本の 小豆島とか宮古島位


世界で 6番目に小さい国


・・・・・・・・・・・・・・・ 以上 ウィキペディア より


1IMG_2003.JPG


首都: ファド-ツ を散策


新しい建物が目立つ、 人影がほとんどない ・・・・?





人口よりも、企業の数が多いと言われている。


・・・・・・・・ タックスヘイブン ・・・・・・


税金免除を目的とした 外国スーパーカンパニーが集中している。



2IMG_2011.JPG


法人税が、税収の40% 一般国民には 直接税(所得税・相続税・贈与税)が無い。


・・・・・・・・ 以上 ウィキペディア より



3IMG_2006.JPG


・・・・・・・  立憲国主制国家   ・・・・・ 



3IMG_2014.JPG



・・・・・・・・・・・・・ 国王 の お城 ・・・・・・・・・・・・・


4P6081236.JPG



5P6081244.JPG



6P6081243.JPG




7IMG_2001.jpg


リヒテンシュタインは切手の発行でも有名です。


切手博物館に入場・・・ 








******************************************


世界遺産  ヴィース巡礼教会


ドイツ・バイエルン州南部 に位置する。


ロマンチック街道の終点 近く


1745年~ 1754年に建てられた


草原(ヴィース:ドイツ語で草原)にポツンとたたずむ教会


内装は ロココ装飾(様式)


8IMG_2017.JPG



8IMG_2030.JPG


天井を見上げると・・・・・。


「天から降ってきた宝石」 と賛されているほど見事なフレスコ画




9IMG_2020.jpg



10IMG_2024.JPG



11IMG_2027.JPG


椅子に座ると・・・・まるで別世界に居るような荘厳さに包まれる。


何時間でも居られるようであった。




nice!(22)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

スイスの首都・ベルン旧市街 [ヨーロッパ周遊記]

スイスの首都・ベルン


旧市街にはベルン大聖堂・時計塔など有名な観光名所がある。


スイスを訪れる、ほとんどのツアーに組み込まれる 観光名所。


・・・・・・・・・・・・・・ 定番の ベルン旧市街の眺め ・・・・・・・・・・・・・


1P6081053.JPG



「クマ園?」・・・・スイスまで来て、クマを見るの??


どうやら、この場所はバスを停めて、「トイレ休憩」 が目的のようだ。


せっかくなので・・・・ 綱渡りする クマでも パシャリ!!


実は・・・・「 熊は ベルン の街の象徴 」 なのです。


      「ベルン は ドイツ語 で 熊 」なのです。


だから・・・・ベルンの旗の紋章は" 熊 ” なのです。



1P6081200.JPG


旧市街には スイス国旗を始め、 多くの旗が 掲げられている




2P6081187.JPG


15P6081076.JPG



マルクト通り には、多くの噴水塔


「 子喰い鬼の噴水 」


子供が悪さをした時、戒めるため の 塔 らしい。


3P6081144.JPG




この場所は、2度目の観光のため・・・・・・。


こんなところに、カメラを・・・・。



4P6081165.JPG


 ・・・・・ ベルン大聖堂 ・・・・・


 「 右が地獄 左が天国 」 ・・・最後の審判 の彫刻


これは、 ほとんどの方がカメラをむける・・・・。


「ベルン大聖堂」 <検索> で画像は多く出てくるので・・・・この写真は省略


チョット 視線をずらすと、 「奇妙な彫刻」 が目に入ってきた。



5P6081177.JPG

奇妙な 怪獣? ですね。 これも 地獄を表現しているのでしょうか?



6P6081186.JPG



ベルンの シンボル カラクリ時計 


このとき・・・・日本人はスリにご用心
 

ほとんどの人が、上を見上げて カメラを構える ・・・・ まったく 無防備


事実、3人組の不審な男たちが ウロウロしていた。


8P6081118.JPG




9P6081128.JPG


・・・・・・・・・・・・ アインシュタイン ハウス ・・・・・・・・・


10P6081111.JPG


メガネやさん? 日本では考えられないスタイルで・・・・ 思わずパチリ


11P6081103.JPG



12P6081086.JPG




13P6081190.JPG



******************************


ルツェルンの風景 です。


カペル橋 から・・・・・


14P6081205.JPG




15P6081207.JPG



空腹だったのか? 「 花より 団子 」 でした。


16P6081225.JPG


チョコレート は スイスの 名産


美味しそうなので・・・・・ 思わず カメラが動きました!!


そして、いつの間にか・・・・・。


お店の中へ、足が動きました・・・・数種類のチョコレートを一袋に入れて、 購入


思ったより、高価でした・・・・・。 でも その分 おいしかった!!


数千円 しました!!



満足 ・ 満足 ・ 大満足


これが、旅行の楽しみの一つです。



帰国後 も楽しめました。


17P6081228.JPG


次回は リヒテンヒュタインを経由 して ドイツ に入ります。




nice!(20)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

休日・・・・。 [ヨーロッパ周遊記]



フランス・パリ・セーヌ川のほとりで ・・・・。


スイス・ルツェルンで・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・ それぞれの休息日 ・・・・・・・・・・・・・

観光目的のツアーも、少し 休息日がほしい。



1P6040281.JPG



2P6040341.JPG


3P6040236.JPG


4P6070854.JPG




5P6040295.JPG





6P6040344.JPG




8P6040351.JPG



9P6040353.JPG




12P6040358.JPG




14P6040360.JPG




15P6040361.JPG


16P6081147.JPG




17IMG_1942.JPG



18IMG_1966.JPG




19IMG_1972.JPG



20IMG_1999.JPG




nice!(25)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

マッターホルン・ゴルナーグラート [ヨーロッパ周遊記]

ゴルナーグラート


マッターホルンを含む、ヨーロッパ4,000m級の峰が29座


ヨーロッパの4,000m級の峰の 3/4が、このツエルマットに位置する。

山が好きな人・写真が好きな人・自然が好きな人・・・・ 一度は訪れたい場所。


そして、快晴時 なら 、登山電車で気軽に訪れることが出来る・・・ゴルナーグラート


・・・・・・・・・・・・・・ マッターホルン ・・・・・・・・・・・・・・・・

ベルニアアルプス 山脈の 名峰 ・・・・・ 4,478m


13P6071002.JPG


マッターホルンとゴルナー鉄道


1IMG_1824.JPG




2IMG_1791.jpg




3IMG_1846.JPG




4IMG_1847.JPG




5IMG_1867.JPG




6P6070976.jpg


マッターホルン眺めながらの ハイキングも可能・・・・湖では 「逆さマッターホルン」が見える。


7P6071001.JPG


・・・・・・・・・・・・・・ ゴルナー氷河 とカストル ・・・・・・・・・・・・・・・



8IMG_1836.JPG


・・・・・・・・・・・・・・・ モンテローザ ・・・・・・・・・


9IMG_1841.JPG




10IMG_1838.JPG



11P6070957.JPG


ここで、ティータイム・・・・♪  至福の時間だ !!


先回訪れた ときは 雪・雪  とても外に出ても 何も見えない。


ホテルのレストランで お茶。 そして、犬と記念写真 だった。



12P6070987.JPG


断崖に生息する・・・アイベックスに遭遇 


14IMG_0713.JPG

*************************************


2008年に訪れた ツェルマット 


早朝 2日間 この場所に通い、 最後の日に ・・・・・ ♪


その感動は 今でも 蘇る!!

徐々に 赤く染まる マッターホルン !!    その経過 が 感動的だ!!


写真では、それほど伝わらないが・・・・・・


肉眼で 涙が出るほどだった。・・・・・・ 「朝焼けのマッターホルン」




15IMG_0864.jpg




16IMG_0865.jpg


今回、 「 ヨロッパ周遊旅 」その目的の一つに・・・・「ゴルナーグラートからのマッターホルンを見ること」



たった、一日の 行程で ・・・・・ 運よく 快晴 !!

最高の 一日 だった・・・・・ ♪




nice!(25)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

フランス・リヨン駅からスイス・ツェルマットへ [ヨーロッパ周遊記]

フランス・パリからツェルマットに向かう。


TGV利用・・・・ フランス・リヨン駅発、ジュネーブまでの 約 3時間


0P6070803.JPG


リヨン駅には・・・・2024年夏季オリンピック招致 の看板が

フランス・パリでは2024年夏季オリンピック招致を目指しているようだ。


0P6070808.JPG


・・・・・・・・・ TGV  ・・・・・・・・・・・


我々が乗る 車両と座席はすでに決定しているが・・・・。


TGV は 発車直前にならないと、車両が表示されない。

発車 直前 一度、表示されたが・・・・ 我々の車両が無い?


しばらくすると・・・ 最終 表示 


0P6070821.JPG
1P6070816.JPG




2P6070811.JPG




しばらく走ると・・・・ 虹で歓迎?


TGV ・・・・ 日本の新幹線に比べると、振動が大きいように感じる。


テーブルの ビール缶が・・・左右に移動する。


3P6070847.JPG


*****************************************


翌朝、 スイス・ツェルマット に向かう。


ツェルマット駅前から マッターホルンが見える。


快晴だ~~。


4P6070904.JPG


9年ほど前にも、ツェルマットを訪れている。


その時は、3日間ほど滞在したが・・・・・ ゴルナーグラートは霧だった。


ゴルナーグラト鉄道に・・・・・。


5IMG_1912.JPG


ゴルナーグラート鉄道は ツェルマットとゴルナーグラートを結ぶ 登山電車


勾配がキツイので、「アプト式・ラックレール」 を採用している。


およそ、40分でゴルナーグラート駅に到着。


駅の標高 : 約 3,000m 



モン・サン・ミシェル修道院 [ヨーロッパ周遊記]

昼食後、 モン・サン・ミシェル修道院に向かう。


片道、バスで 約 350Km ・・・・ 休憩を含めて 約 5時間 の行程


5時間 バスに乗って、寝ているだけ、・・・ これが 大変なのだ!! (運転手はもっと大変だ!)


バスの運転手の運行規定で途中30分の休憩が義務づけられている。


我々 、老人は何よりもトイレ!! (トイレ付バスだが、 使用するには、バス停止とか)


運転手他、ツアー仲間に迷惑はかけられない!!・・・・・我慢あるのみ。


極力、水を控えた!


フランスのトイレ事情は・・・ 有料が基本 ( ヨーロッパはほとんど有料)


コインでの自動改札(コインが無い場合は 両替してくれる)

モン・サン・ミシェルへの 途中休憩は 日本で言う 「ドライブン}のようで、トイレは無料。


過ごしやすい 雰囲気であった。




ちぃいさな田舎の集落を抜けると・・・・・・。 モン・サン・ミシェルが見えてくる。


1P6060571.JPG


夕食前に、モン・サン・ミシェルの下見に出かける。・・・・ が


嵐のような 雨 、 寒い!!





雨で、夜景撮影は断念したが・・・・若者は挑戦したようだ。(綺麗な写真を撮っていた)


翌朝、 期待は出来ないが・・・二度とこれない場所

一人で、徒歩で モン・サン・モシエルに向かう。


0IMG_1523.JPG



2P6060627.JPG




3P6060645.JPG



4IMG_1548.JPG



雨は止まず・・・ 寒さで、服装は 「ダウンジャケット着用」 真冬のようだ!


5P6060594.JPG



6P6060608.JPG



7IMG_1584.JPG



運が良いことに・・・・ 太陽が 顔を出す!!


日頃の行いが、いいのだ!・・・と 一人で思って喜んだ!


だが・・・ 階段がキツイ!!


8IMG_1589.JPG



9IMG_1634-0.jpg



10IMG_1642.JPG


11IMG_1648.JPG


12IMG_1672.JPG



13IMG_1692.jpg



14IMG_1630.JPG




15P6060709.JPG




16IMG_1629.JPG




17P6060705.JPG



18P6060725.JPG



20P6060728.jpg


21IMG_1535.JPG


23IMG_1733.JPG



24IMG_1735.JPG




25IMG_1738.jpg


レストランにて・・・「名物の オムレツ 」 (日本のオムレツとは全く異なる・・・ 泡のよう)


また、 5時間かけて、 ・・・ パリ に向かう。


そして、 TGVで ジュネーブへ。




ジュネーブ着は 夜中になる。



ベルサイユ宮殿 [ヨーロッパ周遊記]

パリの南西 約 22Km に位置する。


バロック建築の代表作



門を入って・・・・入口まで 相当の距離がある、広い石畳


入口まで来ると、 多くの入場者が 入場券購入で並んでいる。


1IMG_0910.JPG


2IMG_0906.JPG







1番 ヘラクレスの間から見学順路



入場日本語パンフより

2IMG_201706.jpg


入口を入ると・・・・ シンプルだが、宝石が目につく。



3IMG_0690.JPG



3IMG_2017062.jpg



4IMG_0795.JPG




5IMG_0787.JPG



ヘラクレスの間の天井画


6IMG_0718.JPG



6P6040104.JPG



シモンの家の宴


7IMG_0723.JPG




7P6040121.JPG



8IMG_0743.JPG


9IMG_0754.JPG

・・・・・ 鏡の回廊 ・・・・・

長さ: 73m 幅: 10.5m 高さ : 12.3m


10IMG_0846.JPG


11IMG_0860.JPG






・・・・・・ 王の寝室 ・・・・・・


12IMG_0871.JPG

パリ市街 [ヨーロッパ周遊記]

世界遺産から協会、美術館、パリの歴史を物語る。


1889年 パリ万博に建てられた、約320mの塔・・・・ エッフェル塔



セーヌ川クルーズから見る エッフェル塔、・・・平日にも関わらず多くの観光客。


そう言う、我々も 観光客



1IMG_1048.JPG




2IMG_1036.JPG



朝のエッフェル塔 ・・・ これから、観光客目当ての商売に出勤?


3IMG_1073.JPG


4IMG_1090.JPG


5IMG_1085.JPG


6IMG_1094.JPG




ナポレオン一世の功績を記念したパリのシンボル・・・ 凱旋門


バスの車窓から


7IMG_1131.JPG



8IMG_1123.JPG



市街観光のバス・・・東京で言う はとバス?



9IMG_0972.JPG



10P6070753.JPG




セーヌ川にかかる 橋


11P6040337.JPG




13P6040324.JPG



モンマルトルの丘に建つ、サクレ・クール寺院


14IMG_0988.JPG



写真左下に写る 全身真っ白の牧師像?・・・・ 実は 人間、一緒に写真を撮って、商売。

丁度、お金を 財布に入れているところ。


15IMG_0994.JPG


・・・・ 芸術の街 パリ ・・・・・


通りには、多くの画家が


16P6040263.JPG



17P6040256.JPG

コンコルド広場 ・・・ フランス革命で ルイ16世とマリー・アントワネットが処刑された場所。


白亜の塔 オベリスクがたつ。


18IMG_1466.JPG


 
19IMG_1159.JPG




・・・・・ パリ市街で 事件発生 「 警察官が 殴打された」 とか?・・・・・


丁度、通り合わせた。


パトロールカーのサイレン・道路封鎖で 道路は一時 大混乱。



19P6070773.JPG



警官が銃を構えて・・・・ 道路封鎖


一瞬、 「テロ発生か?」 とバスの中にも 緊張がはしる。


20P6070777.JPG




ルーブル美術館 [ヨーロッパ周遊記]

フランス国立美術館・・・世界最大級の美術館


ルーブル美術館 Musee du Louvre


収蔵美術品 : 380万点 以上の美術品


敷地面積 : 6万平方メートル ・・・ 桁外れに大きい!!


ルーブル博物館日本語パンフ より

IMG_20170619_0001.jpg


地下2階、地上一部3階 の5階建て構造

(フランスでは、日本の1階は ゼロ階となる)

我々の鑑賞時間は 3時間


専属観光ガイド(日本人)を依頼


的を絞った鑑賞となるが・・・・・人が多い、迷子にならぬように。スリに合わぬように。


ルーブル美術館 5大美術品を見逃さぬように・・・・。


入口天井は「ガラスのピラミッド」


1IMG_1180.JPG


ガラスのピラミッドからの光は・・・・ 屈折して床に 虹 を見せる。


この虹を 写真に撮る ? ・・・変な おじさん??


2IMG_1178.JPG



階段(エスカレータ)を下りる・・・ 虚像(ガラスに映る影)と実像
 

3P6050548.JPG



いよいよ本格的な 美術鑑賞 !!


なんといっても、これだけは見逃せない!


レオナルド・ダ・ヴィンチ : 「 モナリザ 」


1階 ドゥノン翼 460mの回廊 右側 の部屋



ルーブル博物館日本語パンフ より

IMG_20170619_0002.jpg


部屋に入ると・・・・ はるか奥に 小さな額・・・これが、「 モナリザ 」 だ!!

4IMG_1338.JPG

人をかき分け・・・ここまでたどり着いた、 限界か・・・(-_-;)


このとき、 スリ にご用心!!



5IMG_1340.JPG




次は・・・・?


ミケランジェロ : 「 ミロのヴィーナス 」


ゼロ階 ドゥノン翼 古代ギリシャ美術 展示


やはり 混んでいる


6IMG_1238.JPG



せっかくなので・・・ 後姿も

7IMG_1254.JPG


「 サモトラケ の ニケ 」 : 作者不明


腹部の薄い布の描写が 素晴らしい!! ・・・masatanyの鑑賞


8IMG_1296.JPG


・・・・・ 「 ナポレオン1世の戴冠式 」 ・・・・・


9IMG_1376.JPG


 
・・・・・ 「  民衆を導く自由の女神 」 ・・・・・


IMG_1366.JPG

この絵の中に・・・ フランス国旗の色が4か所描かれています。

実物を観ないと、なかなか見つかりそうにもありませんね。


これで masatanyが選ぶ ルーブル美術館 五大美術品 を観賞した。


11P6050523.JPG


12IMG_1224.JPG


・・・・・ 「ヘルム・アフロディテ」 ・・・・・・・


艶めかしく横たわる女性にみえるが・・・・?


13IMG_1272.JPG


実は・・・・ 美少年なのです!!


アフロディテ(ヴィーナス)とヘルメスの間に生まれた子・・・美少年アフロディテ


美少年ヘルム・アフロディテに一目ぼれしたニンクが、ある日、我慢が出来ずに池の中に引きずり込み合体!

そのまま、一つの身体になった 、 とか・・・・?




現代アートとの融合 ・・・


15IMG_1399.JPG



16P6050526.JPG




・・・・・・ ヘルム・アフロディテ  合体後の姿 ・・・・


14IMG_1281.JPG


よ~く 写真を観察下さい。





息抜きに・・・・土産物屋のオブジェ


18IMG_1414.JPG


外では・・・・ 「ガラスのピラミッド」を吊り下げる。トリック写真撮影


19P6050561.JPG



美術品を目の当たりに鑑賞することは、感動です。!!・・・一生に一度は見たかった美術品


年寄りには 少しキツイがアドレナリンがでて・・・・ 素晴らしかった!!

次回は 「 フランス・パリの 街並み 」 を予定します。

セントレアからパリSDG空港へ [ヨーロッパ周遊記]

今週より、 ブログ復活 で~す。


・ 「 全国きりえコンクール 」 の件
・ 「 写真部 作品展 」 の件
・ 「身内の不幸(癌手術) の件

その他で多忙でした。

やっと、すべてが解決の方向に向かい、「ヨーロッパ周遊旅行」が実現できました。

関係者の皆様に 感謝!! です。



スペシャルヨーロッパ周遊」 10日間の旅日記


成田国際空港 発 のツアー


成田国際空港 集合時間 : 午前 9時40分


愛知県 豊田市からは?


もちろん、「 セントレア・中部国際空港 」 から 成田空港までが 最短。

中部国際空港 国内線 で成田空港へ 向かう。


「 JAL便 を予約 」 8時20分発 成田着 9時30分



・・・・・・・・ 名古屋 8時20分発でも、豊田市からは早朝 出発になる ・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そこで、友人からの 情報


「セントレアのビジネスホテルに宿泊すると・・・240時間駐車料 無料」


宿泊費を2人で1万円とし、10日間の駐車料(約7000円)を考える。


結果:1,500円/ 一人で宿泊となる。・・・おまけに 前日出発で 朝食もゆっくりいただき 心に余裕ができる。


早速予約するが・・・・6ヶ月前から予約満室→ やむなく スリーベットタイプ(3人部屋)を2人で予約。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


成田出発の前日 午後からビジネスホテルに宿泊


セントレアで夕食・・・・・その後、 「両替」も余裕で完了。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


離陸後・・・セントレアの全景

1P6030013.JPG

運よく富士山が見える

2P6030019.JPG



3P6030021.JPG


成田空港乗継とし、スーツケースはパリまでスルー


集合場所・時間を、「パリ出発便 搭乗口 」 集合」時間を パリ出発時間 11:40 発 前15分に変更。


成田出国検査・・・・意外と 空いていた。


9:40着 → 11:40発 まで 約2時間の余裕あり。

「さくらラウンジ」 へ直行


成田国際空港「さくらラウンジ」 より 離陸する飛行機を撮影

4P6030038.JPG

余裕の時間を楽しむ




搭乗口には各地からすでに、集合していた。


少し、説明があり 搭乗


中部からは2組 ・ 伊丹から4組 ・ 成田から数組


5P6030052.JPG



6P6030050.JPG


パリ=シャルルドゴール国際空港(SDG)へ向かう。




次回は 一度は観たい 「 ルーブル美術館 」を予定します。







全国きりえコンクール [切り絵(剪画・せんが)]

きりえを始めて、2年


「全国きりえコンクール」 に無謀にも 2作品 応募・・・・ 入選


5月に「秀作きりえ展」 開催しました。(開催地:東京



P3100410-0.jpg




制作途中の写真です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


しばらく、 多忙につき ブログ更新を休憩いたします。





トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日の散歩 [豊田の四季]

久しぶりの散歩


5月と言うのに・・・・ 30℃越え!!


暑い~~~!!




カーブミラーに映る・・・昭和の森


1IMG_7361.JPG


2IMG_7368.JPG




3IMG_7363.JPG



ナンジャモンジャの木


4IMG_7378.JPG


5IMG_7380.JPG




6IMG_7408.JPG



7IMG_7455.JPG





8IMG_7449.JPG




8IMG_7484.JPG




9IMG_7490.JPG



10IMG_7434.JPG



・・・・・ ヤマボウシ ・・・・・


11IMG_7359.jpg



・・・・・ 水面の造形? ・・・・・


IMG_7443.JPG



鮎の遡上 [豊田の四季]

運動不足解消と体力維持のため


「鮎の遡上」を観に行く。


今日の遡上は少ないが・・・・ゼロではない。


カメラで捉えるには難しい


0P5150174.JPG

昨年の同じ場所では・・・・・。


1IMG_25795.jpg



2IMG_2583.jpg


近くの池には、糸トンボが舞う


3IMG_7238.JPG




4IMG_7258.JPG




5IMG_7209.JPG


川には 外来種の亀が 甲羅干し


6IMG_7266.JPG




7IMG_7315.JPG


一人で 石仏めぐり は少し不気味


8IMG_7277.JPG




9IMG_7279.JPG


10IMG_7286.JPG




11IMG_7302.JPG




12IMG_7292.JPG


今日は 汗が出るほどの暑さ! 


13IMG_7275.JPG



この写真は・・・・・??
 

何を 写したのでしょうか?


14IMG_7283.JPG





長篠の合戦 のぼりまつり [お祭り]

第52回 長篠合戦 のぼりまつり


開催日 : 平成29年 5月 5日 (土)
 
会場 : 長篠城跡ほか


<長篠の合戦>

戦国時代 1575年 6月 29日


三河国・長篠城をめぐり  織田信長(3万)・徳川家康(8千) 連合軍と 甲斐の 武田勝頼の軍勢(1万5千)が戦った。


長篠軍(500)は足軽・鳥居強右衛門の援軍要請使者の活躍があり


そして、援軍・織田信長連合軍は 鉄砲隊の活躍で勝利した。


1IMG_5759.JPG



・・・・・・・鳥居強右衛門(とりい すねえもん) ・・・・・・


三河長篠城主 奥平信昌の家臣、と言っても、足軽だった。

長篠城が武田軍に包囲されたとき、使となって城を抜け出し 岡崎城に赴き 家康・信長に救援を要請する。


帰途・・・・・


「援軍来る」の合図である「のろし」をあげた。


このため、武田軍に捕えられた。


武田軍に連行され、長篠城に向かって・・・「援軍は来ないから降参せよ」 と叫ぶように武田軍に命じられる。


しかし・・・・・


強右衛門は 偽って、大声で 「近く援軍が来る、もうしばらく辛抱せよ」 と叫けんだ!!


そのため、武田軍は激怒して・・・・「はりつけ」にした。(実際は逆さ吊り)


4IMG_5822.JPG


強右衛門の勇姿をたたえ、旗指物にして、後世に語り伝えた。

「はりつけ」 は逆さにはりつけられた と伝えられる。


3IMG_5827.jpg



5IMG_5769.JPG






2IMG_5789.JPG


6IMG_5799.JPG


7IMG_5802.JPG







・・・・・・・ 米澤藩古式砲術保存会  「火縄銃演武」 ・・・・・・


前前日の朝5時出発で駆けつけてくれた そうです(挨拶の中で・・・)


8IMG_5855.JPG





タイムスリップ?・・・・電車が・・・・


9IMG_5857.JPG





10IMG_6072.JPG



11IMG_6096.JPG


12IMG_6171.JPG




13IMG_6188.jpg



13IMG_6885.JPG



13IMG_6955.jpg



13IMG_7019.jpg



13IMG_7172.jpg







・・・・・・ 長篠・設楽原 鉄砲隊 「火縄銃演武」 ・・・・・


14IMG_6495.JPG



15IMG_6263.JPG



16IMG_6331.JPG





17IMG_6378.jpg




18IMG_6425.jpg







・・・・・ 三河 日置流 雪荷派 「具足弓演武」 ・・・・・


19IMG_6606.JPG





20IMG_675.jpg




21IMG_6764.jpg





23IMG_5762.JPG



・・・・・ 長篠陣太鼓 ・・・・・


24IMG_6822.jpg




25IMG_6860.jpg




26IMG_6873.jpg


最後までご覧いただき ありがとうございました。


尚、 「第49回 全国きりえコンクール」 masatany出品作品は皆様のおかげで、2作品ともに入選いたしました。


しかし、展示会場の都合で 1作品のみの展示となります。


・・・・・ 「第49回 全国きりえコンクール 秀作きりえ展」 ・・・・・


期間 : 2017年 5月 13日(土) ~ 16日(火)


時間: 12:00~18:00 (13日は13:00~  16日は16:00まで)


会場 : 千駄木空間 (東京都文京区千駄木2-49-8)

      
東京メトロ千代田線千駄木駅 1番出口 徒歩5分







コバノミツバツツジ [豊田の四季]

「 山路きて何やらゆかしすみれ草 」 (やまじきて なにやらゆかし すみれぐさ)


7P4180020.JPG



松尾芭蕉が「野ざらし紀行」(甲子吟行)の中で詠んだ俳句・・・すみれ草が春の季語


どうして、この豊田市・鞍ヶ池公園にあるのか?


すみれ草は見つからなかったが・・・コバノミツバツツジが満開だった・・・・♪


奥には、「ミツバツツジの群生地」があるが・・・・少し遠いので近くを散策。







踏みたくないほど綺麗な山路


1P4180008.jpg





2P4180015.JPG



3P4180023.JPG


5P4180068.JPG



8P4180029.JPG




10P4180056.JPG




11P4180055.JPG




12P4180043.JPG




13P4180045.JPG




桜はすでに、全て散っていた。


14P4180040.JPG



ヤマサクラはまだ咲き誇っていた。


9P4180052.JPG

親友夫婦から 〝日本に4本しかないサクラ” を紹介するが 見に来ないかとの連絡


「 コノハナザクラ 」・・・ヤマサクラの八重の珍種


三重県いなべ市 の民家に咲いているようだ ・・・ 天然記念物指定


せっかくのお誘いだが、残念・・・・ しばらく野暮用で外出できない。


来年を楽しみにしたい。



花筏を楽しみに・・・! [豊田の四季]

「 最近 ブログネタは花ばかりだ・・・! 」


「とても綺麗だね・・・・♪ 」 某君からメールが来た。
 

ブログもネタがなくなると、〝 花しかない ”


花が一番簡単で・・・・ 綺麗だから。








懲りずに・・・・・ 「 花筏 」 を・・・・。




1IMG_0651.JPG


流れも・風もないので・・・・・花弁は止まったまま!!


2IMG_0549.JPG




4IMG_0592.JPG




5IMG_0527.jpg





いつもは、亀の甲羅干しの岩だが、今日はカモが・・・・。


6IMG_0542.jpg




ようやく、流れが・・・・・。


写真撮影は・・・・・忍耐が肝要!! ??


実は・・・ 以下の写真には過去に撮影したものが含まれる。


7IMG_5828.jpg




8IMG_5975.jpg




9IMG_5987.jpg




11IMG_0604.jpg




3IMG-0569.JPG



下の写真の下部に白く細かく写っているのは・・・・光の軌跡で~す。


12IMG_0598.JPG


毎年、撮り続ける 花筏だが・・・・・。


マンネリ化した写真ばかりとなった。


お気に入りは、未だ 撮れず。


場所と条件の検討が必要か・・・・・?



前田公園のヤマツツジ [豊田の四季]

桜の開花遅れ で ヤマツツジの開花と 共に 楽しめた。


前田公園の ヤマツツジ


ツツジが満開・・・・だが  観光客はまばら

隣接の 平芝公園 で お花見らしい。 


のんびりと・・・ ツツジと桜の コラボを 楽しむ。


0P4120589.JPG



前田公園には 「石仏めぐり」 が出来る


静寂のなか・・・・ 観音様 が優しく見えた。



1IMG_0343.JPG






2IMG_0291.JPG






3IMG_0301.JPG






4IMG_0297.JPG





5IMG_0308.JPG






6IMG_0466.JPG




7IMG_0471.JPG






8IMG_0307.JPG




・・・・・ 背景の黄色は レンギョウ ・・・・・


9IMG_0439.JPG





モミジの 芽吹きが はじまっている


10IMG_0313.JPG




新緑も 綺麗だ・・・・。


11IMG_0350.JPG




花桃と桜 ・・・・・ 平芝公園


12IMG_0484.JPG




花吹雪・・・・スローシャッターで捉えたかった。


13IMG_0488.JPG





14IMG_0505.JPG


晴れたので・再び前田公園へ [豊田の四季]

4月12日、久しぶりに快晴


今日も、前田公園へ 今回は時間をかけて・・・・。


どこかで・・・・・ 「あんたも、好きだね~~」 と?


" 私 ” 時間は 売るほど 余っている・・・・・365連休 の爺さんで~す。


写真趣味も、きりえ趣味も 「ボケ防止」には なりますよ。


ソメイヨシノとヤマザクラ・ヤマツツジ を主体に撮ってみた。


今日は カメラマンが数名来ていた。


いつもの、散歩のおじさんも来ていた。・・・ オジサンと話をしながら 綺麗な公園を楽しんだ。

今回も 写真多めになりました。



0P4120604.jpg





1IMG_0324.JPG





2IMG_0327.JPG






3IMG_0330.jpg






4IMG_0344.jpg




公園の水溜りに映り込む桜が綺麗だったので、撮ってみました。


5IMG_0362.jpg






6IMG_0383.jpg






7IMG_0393.jpg





8IMG_0396.jpg




9IMG_0403.jpg





10IMG_0407.jpg



花が白いのが ヤマザクラ です。


11IMG_0421.jpg






12IMG_0423.jpg






13IMG_0426.jpg





14IMG_0428.jpg




101段の階段を上ると・・・・・桜のトンネルの景色が楽しめます・・・・♪


気分爽快になります。


そして・・・・何よりも 健康 であることに、感謝です。


14IMG_0461.jpg





15IMG_0464.jpg






16IMG_0468.jpg





17IMG_0476.jpg




道路の水溜りに 映り込む桜・・・・・♪

写真趣味の方以外は このようなところに 目が届きませんよね?


「何を撮っているの?」 と 言われ 「変なオジサン」と思われました。


変なオジサンではないので・・・・写真を見せると・・・???


18IMG_0521.jpg






19P4120600.jpg


久しぶりに、 デジイチ Canon EOS 5D MarkⅡ で撮影


次回は 「 前田公園のヤマツツジ 」 を予定します。


最後までご覧いただきありがとうございました。

前の20件 | -